子育て

3歳歯磨きの現状。これまでに試してきたこと。

娘も3歳になり、ますます「自分で!」の主張が強くなってきました。

自我が育ってきて、とても嬉しいことですね。

思い返すと、ミルクを飲んでいた赤ちゃんの頃が懐かしくなります。

こうやって段々と手が離れていって、寂しくなるんやろうな(^-^;

「抱っこして~」と言ってくれる今のうちは、たくさん抱っこしてあげたいと思います。

さて、今回は「歯磨き」についてですが

3歳になった今、どのような感じになってきたでしょうか?

歯医者にも定期的に通っているので、その辺りもまとめてみました。

これまでの道のり

「歯磨きイヤ!」で困っているママさん、パパさん。

毎日お疲れ様です(^-^;

私の娘も同じく「嫌やから!」と言って部屋の隅に行ってみたり

走って逃げたりの毎日でした(笑)

↓これまでに試してきたことをまとめた記事はこちらです。

もうすぐ3歳!歯磨きイヤイヤどうする?我が家でしてきた3つの方法。 毎日することといえば「歯磨き」ですよね! 新米お父さんにとって、初めのうちはハードルが高いと感じませんか? ...

歯磨きは夜寝る前はしっかり磨く。朝の保育園に行く前はブラッシングのみです。

夜の歯磨きの時は、歯間ブラシも使っています。

娘いわく、歯磨きはイヤやけど、しないといけないのは分かっているそうです。

父「じゃあ、何がイヤなん?」

娘「歯磨き粉の味がイヤ」だそうです(-_-;)

基本使っているのは「ぶどう味」です。⇒(正式にはグレープ香味です)

クリニカKid's ジェルハミガキ

娘の意見を聞いて、他の味の歯磨き粉を購入して試してみることに。

結果、どの味も撃沈(笑)

そんなこんなで、歯磨き粉の「味」が嫌いなだけで、「歯磨き」はそこまでイヤではないようでした。

朝がブラッシングのみの理由は、歯磨き粉つけなかったらスムーズにできるから。

これだと親子とも負担なくできているので、しっかり磨いて良しとしています!

そして、今でも「ぶどう味」の歯磨き粉だけが使うことを許されています(笑)

食べるイチゴは大好きなんですが、歯磨き粉は別だったようです(^-^;

そして3歳になった今

自分から膝の上に!

なんと歯磨きから

逃げなくなったんです!

ある日のこと、「歯磨きしよか~」と言ったら自分から来て膝の上に仰向けになるんです!

初めはびっくりして、上を向いて口を開けて待っているので

「お、おう。ほ、ほな磨いていくで」こっちがあたふたです(笑)

どうやったんですかと聞かれれば

おそらくですが「毎日の言葉がけ」でしょうか。

それと娘の中での「順番」です。

娘ルールを守る

歯磨き前は

娘(歯磨きイヤやな~先にこれで遊ぼ!遊んでから歯磨きにしよ)

など考えていると思います。

親「歯磨きするよ」⇒娘「〇〇やってから」⇒親「先に歯磨きしてから!」

これはダメなパターンですね(^-^;

親は先に磨いて、あとは寝るだけの段取りにしときたい気持ちはわかります。

けど、子供の視点から見てください。

「〇〇やってから」「今○○してるから」など自分で考えて行動しています。

それなのに親にぐいっと連れていかれ歯磨きに…自分の思っていたことと違う⇒泣いて訴える(>_<)

子供が考えていることを、いったん受け止めるようにしてみてください。

そして何か理由があって先に歯磨きをしたいときなどは、親もきちんと子供に先にする理由を伝えてあげてください。

少し時間をおいて、もう一度聞くと割とすんなり磨かせてもらえると思いますよ(^^♪

私たちが気を付けていること

  1. 「言葉がけ」と「笑顔」(歯を磨く時、ママ・パパの顔が近いので…できるだけ笑顔で話しかけるように)
  2. 子供が「〇〇してから」「今○○してるから」と言えば、その行動が終わってから歯磨きする。

苦労したこと

本当に大泣きしてイヤってなった時に、手足を押さえてしたことは数回あります。

「こんなん続いたらどうしよう」と思いましたが、これも一時期だけでした。

それを抜けると、イヤイヤながら頑張ってくれましたよ。

理由があるとしたら「眠たい」時は要注意です。

眠たいのにやめてーって感じですよね(‘Д’)

【2歳】イヤイヤ期?手を洗うのを嫌がる時にしてきた3つの方法このタイトルでブログを見て頂いてるということは 子どもが手を洗うのが嫌がることが多くなってきましたか? 外出から帰った時、食...

歯医者に通う

2歳くらいから「おやつ」をよく食べるようになりました。

その頃に、上の前歯2本が白くなってきたのが気になって歯医者に行きました。

説明では「虫歯の初期段階」なので、しっかりと歯磨きをすること

あと、できれば「卒乳」した方がいいと言われました。

理由はまた調べてみたいと思います。

歯科衛生士さんからは「歯間ブラシも使ったほうがいい」と言われましたので、毎日使っています。歯の隙間に食べかすが残ると虫歯の原因になりますからね。

病院で見てもらい、とりあえずは一安心。フッ素を塗ってもらい終了。

それから4か月毎間隔で定期的に診てもらっています。

虫歯が心配という方は、定期的に診てもらうことで安心できますよ。

歯医者に慣れてもらういい機会にもなります(^^♪

まとめ

大人の私たちでも、歯医者で虫歯の治療は嫌なものです(>_<)

子供、しかも2歳や3歳での治療は想像しただけで過酷です。

そうならないように、親がしっかりとフォローしてあげることが必要です。

泣いて嫌がっているから「かわいそう」に思って手を抜いてしまうと

もっと「かわいそう」なことになってしまいます。

泣いて嫌がってる子供を歯医者に連れて行って治療するよりも

家で1、2分歯磨きを頑張る方が負担も少ないはず!

特にパパさん、泣いているとついつい甘やかしてませんか?

私は甘やかして、妻に怒られるパターンですが(笑)