子育て

【睡眠】3歳はどれくらい睡眠時間が必要?子どもが寝るまでに気を付けたいこと。

3歳になると子どもも体力がついてきて

夜なかなか寝ないで、限界まで起きてることありませんか?

夜寝るのが遅くなると、起きるのも遅くなったり起きなかったり。

親も寝るまで付き合うので、疲弊してしまうこともありますよね。

子どもの睡眠時間が短いと成長に影響があるのでは?

何かと心配になってしまいますよね。

そこで3歳になる頃は

いったいどれくらい睡眠時間が必要なのでしょうか?

睡眠の役割とは?

睡眠不足はどんな影響を与えるか?

睡眠時間を確保するためには?

以上のことを見ていきたいと思います。

3歳で必要な睡眠時間

米国睡眠医学会によると

昼寝を含めた理想的な睡眠時間は

3歳~5歳で、1日10時間~13時間。

我が家での時間配分を参考までに。

昼寝の時間はどれくらい?

だいたい2時間くらいかな

娘は保育園に通っており、昼食を食べた後にお昼寝をしています。

3歳になる今で、昼寝の時間は平均2時間前後です。

昼寝をしたらPM15:00までに起きてもらうようにしています。

それより遅い時間帯になると

夜なかなか寝れないので(-_-;)

夜はPM21:00には布団に入るようにしています。

逆算してみていくと…

18:00 夕食を食べます。

19:00 子どもとお風呂に入ります。

20:00 テレビを消して、絵本を読んだりして過ごします。

20:30 歯磨きをします。

21:00 布団へ移動するようにしています。

寝るまでの時間は

このような流れで過ごしています。

そして翌朝起きる時間は

だいたいAM6:30~7:00の間です。

1日の睡眠時間は、昼寝を足して約11時間前後です。

睡眠の役割とは?

大事なのは身体を休ませてあげること。

あと、私が勉強してきた中で大切だと思ったのは

成長ホルモンの分泌に関してです。

成長ホルモンの役割は、身長を伸ばす他にも

身体の疲労なども回復してくれます。

特に深い眠りの間に多く分泌されます

子どもの場合だと、深い眠りに入りやすいのは

眠りについてから約2時間後くらいの時間帯だそうです。

この成長ホルモンの分泌を促して、子どもの成長を

活発にするためには睡眠の質と時間が大切になってきます。

成長ホルモンが分泌されやすい時間帯があって

22時~2時の間がゴールデンタイム

呼ばれています。

この時間帯に深い眠り(質)で寝ていることが

子どもの成長につながります。

睡眠不足はどんな影響を与えるの?

睡眠が足りていないと、日中の活動に影響が出ます。

私たちでも睡眠不足だと、眠くなって

集中力が足りなくなりパフォーマンスが低下します。

子どもの場合、集中力が低下すると

成長に関係する様々なことに影響すると思います。

友達と遊んであり、レクリエーションをしたりする時に

寝不足でぐずったりしていると…

いろんなことに取り組んで、知識を得たり体全体を動かす機会が

減ってしまうかも(>_<)

睡眠時間を確保するためには?

夜はぐっすりと眠って欲しいですよね。

寝るまでに気を付けたいこと
  1. 日中できるだけ体を動かす!
  2. お昼寝は15時まで。
  3. 寝る1時間前にはテレビを消し、スマホなどを見ないようにする。

①日中できるだけ体を動かす!

雨で体を動かしていない日は、夜寝る前ものすごく活動的です。

「眠くない~」と言って走ったり

かくれんぼや鬼ごっごが始まります。

ま、一通りすれば落ち着くんですが(^-^;

②お昼寝は15時まで。

昼寝の時間が遅れて、起きるのが16時とかなろうものなら

そりゃ夜寝る時間に影響しますよね~(>_<)

大人も同じことなんですが…

③寝る1時間前にはテレビを消し、スマホなどを見ないようにする。

スマホもそうなんですが

画面から目に入ってくる情報(ブルーライトや光量など)が

大人よりも刺激が大きいと思うんです。

これらを寝る前に浴びることで神経が興奮状態に…

そうならないように

音楽をかけてみたり、絵本を読んだりしています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

改めて睡眠の「質」と「時間」の大切さを知る機会になりました。

我が家の寝るまでの流れも載せましたので

参考にして頂ければと思います。

子どもの寝かしつけは大変だと思います。

しかし、早くに寝て睡眠時間を確保することで

子どもの成長を促し

日中の活動をより良くします。

小さいうちからの良い習慣は

きっと「心と体」の成長につながります!