ブログ

後悔しない生きたかとは?妻が教えてくれたこと。

こんにちは、管理人の福さん(@fukufukuekubo)です。

令和元年を迎えてはや1か月が経ちました。

今日から6月、梅雨入りしそうでしないですね(^-^;

日中暑かったり、朝は肌寒かったり。

時間を管理する

今年も気が付けば、あと7か月!

「あと7か月もある」「もう7か月しかない」

とらえ方次第で、この先の過ごし方が違ってきますよね。

時間の流れ、感じ方は人によって違うかもしれませんが、1日24時間は平等です。

時間を管理することで、1日を有意義に過ごすことができます。

「今日のあなたの予定はなんですか?」

答えられないという方は、その日をどう過ごすかが決まっていないようですね。

たまにはいいのかなと思いますが、その1日は2度と戻ってきません。

「昨日~しとけば良かった」とならないように、何か予定をいれるように心掛けてみるのもいいかもしれません。

ことわざで「後悔先に立たず」という言葉があるように、後悔が先にくることはありません。

頭ではわかってても、なかなか行動に移すのは難しいものです。

後悔しないためには

「後悔」はしたくないものです。

では、どうすれば「後悔」しないのか?

私は妻に聞いたことがあります。

「全力で生きること」

何事も全力で取り組む。

全力でした失敗は失敗じゃない。

だから後悔しないんだと。

これを聞いた時「自分の甘さ」に気付きました。

後悔したくなければ、全力で今を生きる。

今の自分は出来ていますか?

まとめ

管理人のブログでは、たまにはこんなことも書いてみようと思いました。

私は人生80年とすれば、折り返し地点を過ぎた所です。

これまでいろんな後悔をしてきました。

後悔しても、取り返しはつかないし戻ることもできません。

私が思う後悔しないためには「逃げない」ことです。

嫌なことから逃げる、しんどいことは後回しなど。

結局、そんなことをしても自分に返ってくるだけなんだと。

言葉もそうなんですが、ポジティブな言葉を使っていると気持ちも前向きになります。

逆にネガティブな言葉を使ってると、そんな気持ちになってしまいますよね。

ネガティブな家や職場って嫌ですよね?

言葉使いを心掛けるだけで気持ちが前向きになれるなら、ポジティブな方を選びたいですね。

サッカー選手の本田圭佑さんは前向きな発言が多いです。

目標を大きく持って公言しています。

自分を追い込む環境をあえて作り出す。

「目標を公言する」ことで、今の自分を変えることができるかもしれません。

「武士に二言はない」

言ったことには責任を持って行動する。

結果がでればリスペクトされるし、たとえ結果がでなくても、その努力は間違いなく自分のものです。

話がそれてしまいましたが、自分が最後を迎える時に

「あの時~しとけば良かった」と後悔しないように、やりたいことはやっておきたいですね!