子育て

【3歳】日本脳炎の予防接種(1回目)に行ってきました。その後の様子のまとめ。

先日、3歳になったので日本脳炎の予防接種を受けにいきました。

産まれてから予防接種の多さに驚きませんでしたか?

注射をして泣いている姿を見ては「辛い」と感じてしまいます(-_-;)

しかし、この予防接種のおかげで「病気」のリスクを減らすことができます。

娘は予防接種を受けた日の夜に熱を出すことが多かったので、今回も注意して様子をみていました。

3歳になってすぐの予防接種「日本脳炎」とは?

注射を打ってからの娘の様子をまとめたいと思います。

【日本脳炎】2回目の予防接種に行ってきました。その後の様子。1回目の日本脳炎の予防接種時には、高熱が出て大変つらかった娘。 2回目は、1回目を受けてからの期間が決まっているため、少し遅れまし...

日本脳炎とは?

厚生労働省のホームページに詳細が掲載されています。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou20/japanese_encephalitis.html

以下の文章はホームページからの引用です。

病気の概要

日本脳炎は、日本脳炎ウイルスにより発生する疾病で、蚊を介して感染します。以前は子どもや高齢者に多くみられた病気です。突然の高熱、頭痛、嘔吐などで発病し、意識障害や麻痺等の神経系の障害を引き起こす病気で、後遺症を残すことや死に至ることもあります。

日本脳炎にかかった場合

一般に、日本脳炎ウイルスに感染した場合、およそ1000人に1人が日本脳炎を発症し、発症した方の20~40%が亡くなってしまうといわれています。また、生存者の45~70%に精神障害などの後遺症が残ってしまうといわれています。

ワクチン接種の効果

ワクチン接種により、日本脳炎の罹患リスクを75~95%減らすことができると報告されています。

Q & A

日本脳炎や、日本脳炎ワクチンについて、詳しい情報をお知らせしています。

https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou21/dl/nouen_qa.pdf

予防接種後の様子

当日は機嫌よく過ごしていました。

保育園を早めに迎えに行き、16:00頃に小児科に着きました。

今日はもしもしだけ?

そう言う娘になんと答えればいいのか(-_-;)

「今日はもしもしだけやと思うよ。終わったら買い物行こうね!」と何とか気を逸らしました(^-^;

注射は、なんと全く泣かずに終わりました!

えらいでしょ~♪

と言いながら出てきた時はびっくりしました。

お父さんも頑張らないと(>_<)

この日はシャワーだけなら入っていいということでした。

夕食も普通に食べていました。

21:00頃に寝る時までは、機嫌よく過ごしていました。

接種してから7時間後

私が23時に寝ようとした時です。

「なんか体が熱くない?」と妻から聞かれたので、熱を測ってみました。

この時点で39.5℃(23:00)

多分、21時頃からだんだんと熱が上がってきてたようです。

首や脇を冷やしながら寝ようをしましたが、段々と機嫌が悪くなっていきます(0:00頃)

熱がなかなか下がらないので、子供の急病電話相談に電話して相談します(1:00頃)

寝れないので解熱剤を服用し、1:30頃になんとか寝ることができました(1:30頃)

この時は「高熱」「機嫌が悪くなっていく」「水分があまり摂れない」状況でした。

お茶がイヤだというので、好きなりんごジュースを飲んでもらいましたが、一口でやめてしまいます。

かなりしんどかったんだと思います。

接種してから12時間後

解熱剤を服用してから3時間後。

娘が目を覚まし起き上がると、泣き始めます。

熱を測るのも嫌がります。

「頭が痛い」と泣き続けるため、再度、急病電話相談に電話します(4:00頃)

それから救急で診てくれる病院を探していきました。

この間はずっと妻がつきっきりで見てくれていました。

私が抱っこして、背中をトントンしたりしても機嫌は悪かったんですが、妻が代わってくれてから、段々と落ち着いてきました。

5:00過ぎに自宅を出発し病院へ向かいました。

約40分後に病院へ到着。

車に乗っている間に、ずいぶんと機嫌が良くなってきてました。

そのおかげで、車の運転も焦ることなく走ることができました(^-^;

到着してから問診した時には、熱が37.6℃でした(6:10頃)

この頃はには、調子も良さそうで病院の中を歩いたりしてました。

診察の結果、様子を見るということになりました。

接種してから16時間後

病院から家に帰ってきたのは、朝の8:30頃でした。

帰りは娘と妻は寝ていましたね…お疲れ様(^-^;

家に入ると

広い公園走りにいく~♪

なぬ⁉

「今から少し寝よっか」と言うも、少し寝てすっきりしたのか元気になってきました。

何はともあれ、本当に良かったです(#^^#)

注射をした翌日のお昼には、平熱に落ち着いていました。

朝食はほとんど食べなかったですが、お昼はそうめんをしっかりと食べてから、お昼寝できました。

まとめ

予防接種を受けることは大事なことです。

大きな病気のリスクを減らしてくれます。

その免疫を獲得するために予防接種をします。

注射を受けた後の体の反応は人それぞれのようです。

何もなかったという人もいれば、娘のように熱がでたりする人もいると思います。

今回は「夜中」のできごとでした。

あらかじめ対応を決めておくことで、落ち着いて行動できると改めて思いました。

・夜間にこどもの急変があった時、相談できる窓口の電話番号救急連絡先を「冷蔵庫」などすぐにわかる所に貼っておく。また、携帯電話に登録しておく。

・予防接種を受ける日を調整する(予防接種を受けた病院が翌日も開いていると、何かあったら診てもらえるから)

・休日・祝日前などもできれば避けたい。

・できたら予防接種を午前中に受ける(何かあれば午後の診察で診てもらえるから)

今回、いつもは冷蔵庫に貼ってあるはずの連絡先がなかったので焦りました(-_-;)

予防接種を受けた病院も、翌日が休みでした。

次に活かせるように、私たちも予防接種を受ける日をしっかり調整することにしました。

いざという時、落ち着いて行動できるように前もって段取りを決めておくことで、より子供に付き添ってあげることができます。

何かあった時は、心配で本当に焦ってしまいます(>_<)

夫婦どちらかが落ち着いて行動できるだけで全然違ってきますよ!

読んで頂いた方の参考になればと思いますm(__)m