子育て

【2歳】イヤイヤ期?手を洗うのを嫌がる時にしてきた3つの方法

このタイトルでブログを見て頂いてるということは

子どもが手を洗うのが嫌がることが多くなってきましたか?

外出から帰った時、食事をする前、手が汚れた時…

椅子に乗っても洗面台に届かない時期は

親が抱えて手を洗っていました。

洗面台に届くようになってからは

自分で洗うことが少しずつ楽しくなりました。

もうすぐ3歳になりますが

ついこの間まで手を洗うのを嫌がることが

多かったのですが

今では自分で椅子を持ってきて

手を洗うことができるようになりました。

ここまでできるようになるまで

大変だった時期もありました(^-^;

これまで経験してきたことをまとめてみました。

困っている方に少しでもお役に立てればと思います。

①「自分でやりたい」気持ちを優先する

1歳半くらいまでは、手が汚れたら抱えて洗面所で洗ったり

除菌シートなどで拭いたりして対応してました。

そのころから親が洗面所で手を洗っている姿を見たりして

「自分で洗いたい」と興味を持ち始めました。

まずは「踏み台」を買ってみました。

【サイズ】:(横26cm×高さ26cm×縦32cm)

背が届かないお子様用にトイレや洗面所などでとっても便利な踏み台です。トイレトレーニングの時期にも大活躍です!小さなお子様が乗っても安心な滑り止めが、脚の部分と天板の一段目にも二段目にも加工されています。

初めて踏み台を使ったときは

大はしゃぎでしたね♪

「自分で洗うー」を言ってずっと水を出して

洗ってました。

こんなにうまくいくなんて

我が子ながらすごいな!って思ってました(笑)

ま、長くは続かないんですが…(^-^;

手を洗うこと以外でも「自分でやりたい」と主張することが

この時期いろいろな場面で出てきます。

よっぽど危ないことじゃなければ

自分の思うようにやらせてあげるのも

いいんじゃないかと思い見守っています。

できなかったら自分から

「これできない」とか「手伝って」など

言ってくるので、それから一緒にするようにしています。

次は、踏み台に乗って手を洗うことを

全力で拒否しだした時にしてきた対応です。

②好きなアニメのタオルを使ってみる

ありきたり?かもしれませんが

うちでは成功したほうです。

このころ、アンパンマンが好きで

ぬいぐるみやおもちゃが増えてきた頃でした。

なので「タオル」を買ってみました。

理由は手を洗うことに反応してくれる

きっかけが欲しくてタオルにしました。

 

どれも気に入ったようで

外から帰った時に

「アンパンマンが待ってるから手洗うよー」と

声をかけると、嬉しそうに手を洗いに来てくれました。

よっしゃ!と、これでうまくいったと思ってましたが

もちろん、そう長くは続きませんでした(笑)

ちなみに1年近く使ってますが

生地は丈夫で、まだまだ使えそうです。

手を洗うことを嫌がる時に

「なんでかな?」と思い様子を見ていました。

場面によって当てはまらないこともありますが

自分なりに「順番」を決めているように見えました。

「先にこれをしようと思ってたのに」みたいなことを言って

最初は手を洗うのが嫌だから、何とかしようと思って

言ってるのかと思ってました。

とりあえず、その通りに一緒に動いてみると

その後すんなり手を洗いにいくことがありました。

(そうじゃない時もあります)

子どもなりに自分で考えているんだと思います。

いつもと違う順番でしたりすると

怒ったり泣いたりすることがあります。

きっと自分でうまく伝えることができないので

そういった表現や行動になるんだと思います。

なんか嫌やねんなーと、いったん受け止めてあげてから

「どうしたかったの?」など声をかけるようにしています。

③それでも本当に嫌な時は…

もう無理やり抱っこして手を洗うこともありました。

ものすごく泣いて嫌がる時もありました。

そんな時は私が

「じゃあ、今はお手拭きシートで拭くけど

次は石鹸つけて手を洗おうね」と対応してました。

しかしお母さんは

「イヤって言ったら、手を洗わんでいいんやってなるから

それは止めてほしい」と言ってました。

確かにそういう考え方もあると思います。

けど、親が二人とも無理にしたりすれば

こどもの逃げ場がなくなってしまいます。

どちらかが落ち着いて聞いてあげられることが

私は大事だと思っています。

あと私が子どもと留守番していた時にあったことですが

泣いて訴えてどうしてかわからない時は

とりあえず抱っこして家の外に出てみます(気分転換)。

少し歩いて落ち着いたら声をかけるようにしています。

それでも泣いていたことは一度しかないんですが、

その時は「ベビーカー乗ってみる?」と言ったら

奇跡的にその問いかけがあってたようで

そのままベビーカーで散歩して寝ていました。

この時は「ただ眠かった」みたいです(^-^;

まとめ

いかがでしたでしょうか?

我が家では子どもがもうすぐ3歳になりますが

手を洗うのが嫌だったのが嘘みたいに

すんなり自分から洗うようになっています。

振り返れば「嫌だ」って言うのは

一時期だけなのかと思います。

その時に親がどう受け止めてあげるのか?

無理な時もありますが、親の私たちが余裕を持って

見守ることができればなと思います。